第六十八代スローガン

 

「調」

 

 

今年度、學習院大學應援團は第六十八代を迎え、
未来の第七十代に向け、學習院大學應援團を
より望ましい在り方に整える必要がある。
更なる學習院大學應援團の発展の為に未来の代に向け
継承するべき伝統と新たに設けるべき仕組みを精査し、
調えていく必要がある。

このことから今年度は「調」を目標に掲げ、
様々なものを調え、弛むことない挑戦をしていく。

 

一、基礎を調え圧倒する
學習院大學應援團が持つ、唯一無二の強みを更に伸ばし、基礎を根底から調える。

 

一、三部を調える
三部一体をより強固に発展させ、團員一人一人の主体性を向上させる。
ひいては、日本一強い組織を目標とする。

 

 

個人の考えを尊重し、共通の目標に向かい
邁進する事が學習院大學應援團を更に勢い付けると確信している。
自分が團員であることに誇りと自覚を持ち、
日々の生活を主体的に調え、團員一人一人が常に成長でき、
全ての人から愛される學習院大學應援團を志す。